長澤まさみ 画像掲示板

長澤まさみを応援する人のための画像投稿掲示板



長澤まさみ 画像掲示板に入る長澤まさみ 画像携帯掲示板へ行く

長澤まさみ 画像掲示板は、長澤まさみを応援する人達の画像投稿を歓迎します。ただし、以下の注意事項をよくご覧いただきながら活用してください。

■長澤まさみ略歴

●長澤まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、女優。静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。堀越高校卒業。身長168cm。体重43kg。血液型はA型。愛称はまぁちゃん、まっさん、まさみちゃん。父親は元ジュビロ磐田監督、長澤和明。

●長澤まさみは、家族ぐるみで交際のあった生田智子(中山雅史夫人)の勧めで、第5回(2000年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募。35,153人の中から史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入り。長澤まさみは、同年公開の『クロスファイア』でスクリーンデビュー。後年、長澤まさみ本人は「シンデレラになったらすぐに有名女優になれるのかと思っていた」と語っている。その後ティーン雑誌「ピチレモン」の専属モデルとなる。

●2003年には『ロボコン』に出演。初主演作品でもあるこの作品は、やる気のない女子高専生が、ロボコンと呼ばれる大会を通じて自立していくという青春映画である。この作品により、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。長澤まさみ本人はこの映画を通じて演技に目覚めたとのことで、今もなお最も好きな作品に挙げている。

●同年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(興行収入13億円)では、同じ第5回東宝シンデレラ出身の大塚ちひろ(審査員特別賞)と小美人役で共演、翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』(興行収入12億6000万円)でも同じ小美人役で大塚と共演し、話題を呼んだ(『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のサウンドトラックCDには、大塚と2人で歌った「モスラの歌」が収録されている)。

●長澤まさみは、2004年には『世界の中心で、愛をさけぶ』に出演。白血病で逝く薄命の少女役を演じる。この作品により、史上最年少で受賞した第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など多数の賞を受賞し、若手演技派女優としての評価を確固たるものとした。なお、この映画は興行収入85億円を上げ、同年の実写日本映画1位にもなり「社会現象」と呼ばれた。

●その後『深呼吸の必要』を経て、『タッチ』『ラフ ROUGH』に主演した。最新の主演作『涙そうそう』は『世界の中心で、愛をさけぶ』以来の本格的なドラマでもあり、大きな注目を浴びている。

●長澤まさみは、日本映画黄金時代を彷彿させる、映画会社専属女優という稀有な存在であり、テレビへの出演はCMが中心であるのだが、2005年には各方面で話題を呼んだ『ドラゴン桜』に、2006年には大河ドラマ『功名が辻』に出演。同年秋には、かつては薬師丸ひろ子が主演して話題となった『セーラー服と機関銃』の連続ドラマ版に主演し、同名主題歌を「星泉」名義で発表する。

●長澤まさみは、2006年3月にはオリコンスタイルにて「今最も輝いている女優」ランキングで1位を獲得。また、映画雑誌「キネマ旬報」では「若手映画女優でトップに位置する」とも評された。

●長澤まさみの父は元サッカー日本代表MFで、ジュビロ磐田初代監督としてJリーグ昇格に貢献し、現常葉学園橘高サッカー部監督の長澤和明。長澤まさみ本人は小さい頃サッカーが嫌いだった(父は普段は穏やかだがサッカーの事になると大変な熱血漢に変貌してしまうので、それが影響したようである)が、第84回全国高等学校サッカー選手権大会に初出場した常葉学園橘高のサッカー部員へミサンガを送り、実家に帰郷した際7年ぶりに試合の応援に姿を見せたという。

●映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の撮影が主に香川県で行われたため、2004年11月に「香川かがやき大使」に就任。2005年8月29日〜11月20日まで(実際は20日は広告撤去で稼動しなかったため、11月19日まで)香川県をPRする広告電車「キラキラ輝け!香川にタッチ。」が山手線で運転された。

●山手線で運行されていた「キラキラ輝け!香川にタッチ。」シワが多い。これについては長澤まさみ本人も認識しており、「笑うと奴らは至るところに出てくる」 と自身のHPで語っているが、「チャームポイントの一つだと思っている」とも述べている。
バストの大きさについては自覚があるらしく、前述の写真集の発売直前インタビューが掲載された『学研BOMB 2003年10月号』のBODY checkのコーナーでは、「まぁ、お母さん譲りでおっきいほうかなぁ、と」と語っている。

●長澤まさみの理想の男性は、自分と目線が同じくらいの人。これは価値観が似ているという意味ではなく、文字通り「背の高さが一緒」という意味。綺麗な靴を履いて夜の公園を散歩するのが夢。 日本テレビ系列の番組「いまあま」の「ラフ」特集に出演した際、番組出演者のキャイ〜ンのうちウドと天野ひろゆきのどちらがいいかと聞かれ、ウドを指名した。悔しがる天野は、その後のリベンジしたが、「ウドさん!、・・・ウドさん」と即答で答えた。

●東宝「シンデレラ」オーディションに応募したきっかけは、長澤まさみの母親とその友人が優勝賞金100万円にひかれたため。なお、グランプリをとった際、長澤まさみ自身は賞金の使い道(何を買おうかなど)をいろいろと考えたが、賞金の使い道は母が決めたため、長澤まさみ本人は使っていない。その後、親孝行と考えたものが、「流石にがっかりした」と「メレンゲの気持ち」に出演した際、語っていた。 今までにやった『一番悪いこと』は、高校時代、授業中先生の目を盗んで友達とイヤホンを分け合い、BUMP OF CHICKENの曲を聴いたこと。
スキマスイッチの大ファン。


■長澤まさみ 画像掲示板の注意事項

  • あなたのパソコンや携帯上にある画像ファイルを直接、掲示板へアップロードすることができます。
    (画像は最大200KBまで、画像以外は1500KBまで)

  • 名前、e-mail は一度登録すると記憶されますので次回から入力省略されます。

  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。

  • 新しい記事から表示。最高200件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。

  • 1回の表示で件を越える場合、最下部のボタンを押すことで次の画面を表示します。

  • クリックすると元の画像が新フレームに表示されます。